2021.04.08

男性のトリコモナス感染、放置したらどうなる?症状・検査・治療方法を解説

世界最多の性病とされるトリコモナス感染症。トリコモナスは症状の現れやすい女性がフォーカスされるため、男性向けの情報がやや少なめです。この記事では男性のトリコモナスに注目し、具体的な症状・感染を放っておいた場合のリスク・検査方法を解説。トリコモナスかも?とお困りの男性は、ぜひご一読ください。

男性に現れるトリコモナスの症状は?

ダミー画像

女性がトリコモナスに感染すると、イヤな匂いのおりもの・股間の強いかゆみで気づくことがあります。ですが男性の場合は、ほとんど分からないような軽い兆候しか現れません。具体的にチェックしていきましょう。

男性は性器の匂いでは分からない

男性がトリコモナスに感染すると、どのような症状が現れるのでしょうか。例を挙げてみましょう。

・尿道の違和感・かゆみ
・排尿するときのごく軽い痛み
・わずかな量の分泌物

上に示したように、男性では異変を察知できるほどの大きな変化がありません。対する女性では、

・ブクブクした泡のようなおりもの
・イヤな匂いのおりもの
・褐色や緑がかったおりもの
・普段よりおりものが増える
・性器周辺の強いかゆみ
・性交時の痛み

上記のようにさまざまな症状が現れます。症状の度合いも女性のほうが強く、より察知しやすくなっています。男性には女性のような分かりやすい症状がほとんどなく、自分で気づくのは非常に困難といえます。

男性のトリコモナスは約50~75%が無症状

一般的な性感染症は、性的にアグレッシブな若い世代で多く見られます。ですがトリコモナスは、若者~高齢者まで感染者が幅広く存在します。これは、無症状で体内に潜むトリコモナスの性質を強く示しています。

トリコモナスに感染した男性のうち、症状がないケースはおよそ50~75%。つまり症状が出るのは25~50%で、どちらかといえば少数派です。有症者は5%程度に過ぎないとするデータもあり、男性のトリコモナスがいかに見逃されやすいかが分かります。症状がなくても感染する力は強く、およそ7~8割の高確率でパートナーへの感染が疑われます。

トリコモナス感染症の原因は寄生虫

トリコモナス感染症を引き起こすのは、原虫と呼ばれる非常に小さな寄生虫です。顕微鏡でしか確認できず、肉眼では見ることができません。腸や口腔に棲みつくトリコモナスもありますが、性感染症を引き起こすのは膣・尿道を好むトリコモナス・ヴァギナリス。他のトリコモナスと区別して、膣トリコモナスと呼称することもあります。

膣トリコモナスは、膣粘膜のグリコーゲンを活動のエサにします。膣粘膜では乳酸菌が悪い菌の侵入を防いでいますが、この乳酸菌のエサもグリコーゲンです。トリコモナスが乳酸菌のエサであるグリコーゲンを根こそぎ奪ってしまうと、膣のバリア機能が破壊されて雑菌が増殖しやすくなります。

トリコモナスは乾いた環境ではすぐ死滅しますが、水の中では長く生存しつづけます。

男性のトリコモナスを放置するとどうなる?

ダミー画像

ほとんど症状が出ない男性のトリコモナス。気づかずに放っておいた場合、どんなリスクがあるのでしょうか?1つずつ解説していきましょう。

症状消失=自然治癒ではない

トリコモナスで尿道にかゆみ・痛みが現れても、15~20日ほどで収まってしまいます。症状がなくなったからといって、自然に治癒したわけではありません。投薬で治療しない限り、トリコモナスは前立腺や精巣に棲みついたままです。

トリコモナス感染を放っておくと、以下のような病気のリスクがあります。

・尿道炎の再燃
・前立腺炎
・精巣上体炎

前立腺などに潜むトリコモナスが尿道に出てくると、再び尿道炎の症状を示すことがあります。尿と一緒に排出されて症状が収まることもありますが、体内にトリコモナスが残っていれば何度でも再燃します。

また、トリコモナスに感染した男性は、非感染者と比べ高い確率で前立腺炎を有しています。最近は否定されつつありますが、2010年頃にはトリコモナスが致死的な前立腺がんに関連しているという説もありました。

無症状でも周りに感染させるリスクがある

たとえ無症状でも、トリコモナスを放置すれば近しい人に感染させてしまうリスクがあります。前述したように、パートナーに感染させる可能性はおよそ70~80%です。

トリコモナスは他の性感染症と異なり、性行為を伴わなくても感染することがあります。可能性は低いですが、お風呂やトイレの共有で同居家族に感染させるリスクはゼロではありません。

女性が感染すると不妊・早産の原因になる

女性がトリコモナスに感染すると、不妊・早産など重大なリスクにつながるおそれがあります。妊婦がトリコモナスを有する場合、新生児への垂直感染を起こすことも。また、膣内のバリア機能が低下するために他の性感染症(淋病・クラミジア・HIVなど)の感染リスクが高まります。トリコモナスを放置すると、パートナー間でさまざまな性感染症を共有しやすくなってしまうのです。

トリコモナスは免疫ができず、何度でも感染します。パートナーの片方が症状に気づいて治療を受けても、もう片方がトリコモナスを有したままだと再感染し、治療が無駄になってしまいます。パートナー同士で感染させあうことをピンポン感染と呼びますが、これを防ぐにはカップルの同時治療が必要です。

男性がトリコモナスに感染する経路は?

ダミー画像

主な感染経路は女性との性行為

男性がトリコモナスに感染する経路のほとんどは、オーラルセックスを含む女性との性行為です。これはトリコモナスが好んで膣内に生息するからで、男性同士の性行為では低リスクとされています。感染を予防するには、コンドームの使用が有効です。しかし、体液を介して感染するため完全とはいえません。「コンドームを使用しているから100%安心」ではないので、注意が必要です。

お風呂やタオルを介して感染することも

トリコモナスは水中で長時間生き続けるため、水の多い環境で感染することがあります。共有して感染を招く例としては、以下のようなものが挙げられます。

・お風呂
・トイレ
・濡れたタオル
・下着

清潔にしていれば可能性は低いですが、何らかの事情で不衛生にしていると感染することがあります。こうした感染は女性で起こりやすく、性行為を経験したことのない女性や女児でトリコモナスが検出される原因になっています。男性の場合はリスクが低く、お風呂やトイレで感染する可能性は極めてまれです。

気づかないうちに感染しているケースが多い

男性のトリコモナスの潜伏期間は、感染機会から10日間ほどです。ただし、男性のトリコモナスは無症状~軽微な症状がほとんど。感染に気づかず、何年も経過してから気づくケースは少なくありません。

WHOの報告によると、世界でもっとも新規感染者数が多いのはトリコモナス感染症です。感染に気づかないことが、世界各地で感染を広める原因となっています。適切に治療しない限り、トリコモナスが体内から消滅することはほぼありません。性行為の経験があれば誰でも感染している可能性があり、少しでも不安な場合は検査を受けるのがベターです。

男性のトリコモナス検査・治療の方法

ダミー画像

トリコモナスを含む性感染症の検査を受けたことがない場合は、何から始めればよいか分からない方も多いと思います。ここでは検査方法や受診するクリニックの種類、治療の流れについて解説します。不安を解消して、早期発見・早期治療につなげましょう。

男性のトリコモナスは何科を受診すべき?

トリコモナス感染かもしれないと思ったら、男性の場合は泌尿器科・性病科のクリニックを受診しましょう。検査方法は主に3つで、顕微鏡検査・培養検査・DNA検査があります。検査に使われるのは尿や尿道分泌物で、感染したと思われる時点から24時間以上経過していれば検査が可能です。

顕微鏡検査は、顕微鏡を使って尿中のトリコモナスを観察する方法です。短時間で済むのがメリットですが、尿中のトリコモナス原虫が少なかったり、運動性が低下していたりすると感染を見逃されることがあります。

培養検査は専用培地を使って尿中微生物を培養、トリコモナスの有無を見分ける方法です。顕微鏡検査より確実で、尿中トリコモナスが少ない場合でも検出できます。ただし培養に時間がかかり、判定には3~7日ほどかかります。結果を聞くために再来院しなければならないのもデメリットです。

DNA検査は、トリコモナスの遺伝子を増幅させて検査する方法です。顕微鏡検査や培養検査では生きたトリコモナス原虫が必要ですが、DNA検査なら生死関係なく検査が可能になります。トリコモナスが少ない場合でも有効なので、もっとも確実な方法といえるでしょう。

トリコモナス検査は郵送キットでも可能

クリニックでの検査に抵抗がある場合は、郵送キットで検査することができます。尿を採取するだけなので、特別な技術は必要ありません。結果はネットで確認できるため、クリニックを受診するよりも手軽に検査が受けられます。人に知られず検査をしたい場合は匿名での郵送もでき、プライベート時間でスムーズに検査が完了します。

男性のトリコモナスは内服薬で治療

トリコモナス感染が確認されたら、男女ともにメトロニダゾール内服薬で治療します。女性の場合は膣剤が併用されることもありますが、男性の場合は内服のみです。投薬は10日ほどですが、単回で大量投与する治療法が選択される場合もあります。

メトロニダゾール服用中は、飲酒を控えなければいけません。もし服用中に飲酒すると、腹痛・嘔吐・顔が紅潮するなどの二日酔いに似た症状が現れるので注意が必要です。

まとめ

男性のトリコモナスは無症状が多いのですが、放置してしまうと周囲に感染させるおそれがあります。大切な人を感染リスクから守るためにも、気になる症状が出たら検査を行い、適切な治療を受けましょう。

以下の情報に間違いがないかご確認ください。
なお、以下は必須項目となりますので、全ての項目へのご入力をお願いいたします。

必須

必須

セイ必須

メイ必須

性別必須

生年月日必須

本人区分必須

郵便番号必須

都道府県必須

市区町村必須

番地必須

ビル・建物名・部屋番号

電話番号必須