2021.03.15

トリコモナスの症状とは?治療法や感染経路についても解説

トリコモナスはポピュラーな性病の一つですが、自覚症状が出ない人も多く気づきにくい性病です。今回はトリコモナスの症状や放置した場合のリスク、感染の原因や検査・治療方法などを解説します。

男女別!トリコモナスの症状は?

トリコモナスは無症状のまま気づかない人も多い性病ですが、症状が出た場合は具体的にどんな症状が出るのかを男女別に解説していきます。

【男性編】トリコモナスの症状

男性にトリコモナスの症状が出る場合、以下のような症状が一般的です。

  • 尿道のかゆみ、違和感、不快感
  • 軽い排尿痛
  • 微量な尿分泌物

トリコモナスの原因となる「トリコモナス原虫」は、最初は尿道に棲息することが多いです。尿道のかゆみや違和感、軽い排尿痛は軽い尿道炎にかかっている場合に起こる症状で、トリコモナスに感染した場合は気づかないうちに軽い尿道炎になっていることもあります。

【女性編】トリコモナスの症状

女性にトリコモナスの症状が出る場合、以下の症状が一般的です。

  • 膣炎
  • 膀胱炎
  • 泡状や黄色で悪臭を伴うおりもの
  • 外陰部や膣のかゆみ、痛み、ただれ

特に多い症状は「泡状で悪臭を伴うおりもの」と「かゆみ」で、他の性病と比べてもこの二つの症状が顕著に現れます。ひどいかゆみを発症している人は膣内や外陰部に強い痛みを感じることもあるでしょう。

男女ともに無症状の人が多いのも特徴の一つ

トリコモナスが厄介なのは、男女ともに無症状の人が比較的多いということです。
特に男性は自覚症状がないことが多く、感染してもほとんどの人は無症状と言われています。一方女性は、感染した人のうち20〜50%が無症状です。男性に症状が出ていなくても、パートナーがトリコモナスに感染している場合は男性も感染していると考えましょう。

トリコモナスを放置したら症状はなくなる?

気づきづらい性病であるトリコモナスですが、感染してしまったのにそのまま放置していても治ることはほぼありません。むしろ放置してしまうことで、重篤な症状に進行する場合があります。

男性:前立腺炎や尿道炎になる可能性がある

感染しても無症状の人が多い男性ですが、そのまま放置していると尿道から前立腺や精嚢にも感染が拡大することもあり、前立腺炎を引き起こしてしまう可能性があります。また前立腺や精嚢まで感染が広がっている段階になると尿道炎を発症することもあり、それまで無症状だった人も排尿時に痛みや違和感を感じたり、尿道から膿が出てしまうことも。ただし初期の尿道のみへの感染の場合は、尿と一緒にトリコモナスが流れて症状がなくなる可能性もあります。

女性:子宮内膜炎等の病気や不妊・流産の恐れがある

トリコモナスに感染した女性がそのまま放置していても、症状が改善されることはありません。感染を放置していると、子宮内膜炎や卵管炎などを引き起こしてしまいます。その結果、不妊や流産、早産などの原因になる可能性がありますので、できるだけ早い治療が必要です。

トリコモナスの感染原因

トリコモナスは目ではみることができない小さなトリコモナス原虫が、性器に進入することで感染が起きます。性交渉での感染が多いですが、性交渉以外でも感染する可能性は十分にある性病です。

主な原因は性交渉によるもの

他の多くの性病がそうであるように、トリコモナスに感染する主な原因は性交渉です。また可能性が高いわけではありませんが、オーラルセックスで感染する可能性もあります。
トリコモナスは感染しても無症状の人が多いため、自分かパートナーのどちらかが感染しているのに性行為をしてしまい、相手に移してしまうということも珍しくありません。どちらかだけが治療をしても、片方がトリコモナスに感染したままだと、永遠に移し続けてしまうピンポン感染が起きます。

お風呂や浴槽などの共有

性交渉で感染することが多いトリコモナスですが、お風呂や浴槽、トイレの便座など水気がある場所を共有するなど、日常の中にも感染リスクがあります。同じタオルを使ったことで感染してしまうこともあるので、性交渉をしたことがない人や子どもでも十分感染の可能性はあるのです。
また公衆浴場や病院の検診台を共有したことで感染したケースもあり、家族以外からトリコモナスをもらってしまうこともあります。

トリコモナスの検査方法

「トリコモナスに感染しているかもしれない」と思ったり、「パートナーが感染している気がする」と思ったら、できるだけ早く検査を行いましょう。トリコモナスの検査方法は2パターンあります。

検査方法①病院を受診する

病院を受診する場合、男性は泌尿器科、女性は婦人科でトリコモナスの検査をすることができます。男性は分泌物、女性は膣分泌物を採取し、すぐに顕微鏡でトリコモナス原虫を確認する方法であれば、その場でトリコモナスに感染しているかどうかがわかります。病院によって感染機会から24時間以上で検査が可能なところもあれば、感染機会直後から可能なところもあるので、受診する際は病院に問い合わせた方が確実です。
また最新のトリコモナス検査方法として、トリコモナスDNA検査というものがあります。こちらは検査から結果が出るまでに2〜4日かかりますが、男性は尿、女性は膣分泌物での検査が可能です。トリコモナス原虫の数が少なくても検出率が高く、優れたトリコモナス検査方法と言われています。

検査方法②検査キットを使用する

もう一つの検査方法は、自宅で検査キットを使用して行う方法です。検査キットを使用しての検査であれば、忙しくてなかなか病院に行く機会が取れないという人でも自宅にいながら検査ができます。検査方法も難しくはなく、男性は尿、女性は膣分泌物を採取して検査機関に郵送するだけです。返送後最短1日、遅くても数日中に検査結果が確認できます。最近はWEB上で結果を見ることができるものがほとんどなので、自分以外の人が結果を見てしまう心配もありません。

トリコモナスの治療法は?自覚症状がなくても必要

トリコモナス検査の結果、陽性だった場合は治療が必要です。検査時点では症状が出ていない場合でも、陽性だった場合は必ず治療を受けましょう。具体的な治療方法について解説します。

飲み薬や軟膏での治療が一般的

トリコモナス治療は男性も女性も飲み薬による治療が一般的です。ただ症状がひどい女性は、塗り薬や膣錠を使って局所治療も並行して行うことがあります。また妊娠していると飲み薬は服用できないので、膣錠がメインでの治療です。治療期間は7〜10日程度ですが、女性は一旦治療が完了しても膣内に微量なトリコモナス原虫が潜んでいると再感染することがあります。女性は次の月経後に再検査が必要となりますので、医師の指示通りに通院しましょう。

パートナーも同時に治療が必要

特定のパートナーがいる場合、一方が感染していると70〜80%の確率でもう一方も感染しています。お互いに移し合い続けてしまうピンポン感染を防ぐためにも、パートナーとは必ず一緒に治療を行うことが必要です。

まとめ

トリコモナスは無症状のことも多く気づきにくい性病です。万が一感染に気付いていなくも、定期的な性病検査をする習慣をつけておけば症状の進行を抑えることができます。検査して陽性だった場合は、パートナーと一緒に治療を行いましょう。

以下の情報に間違いがないかご確認ください。
なお、以下は必須項目となりますので、全ての項目へのご入力をお願いいたします。

必須

必須

セイ必須

メイ必須

性別必須

生年月日必須

本人区分必須

郵便番号必須

都道府県必須

市区町村必須

番地必須

ビル・建物名・部屋番号

電話番号必須