2020.05.08

ファスティング後の回復食におすすめのメニューをご紹介

1日目は必ずこれ!「スッキリ大根」

回復食期間にぜひとも食べてほしい、鉄板メニューをご紹介していきます。
回復食1日目、ファスティングの仕上げは「スッキリ大根」一択です。
大根と梅干し、酵素ドリンクを使った簡単メニューで、腸内洗浄(フラッシング)が行えます。
腸がキレイになると、便秘解消、基礎代謝アップ、免疫力アップなどファスティングの効果をより高めることができます。
このメニューは、ファスティング専門家であり、10,000人以上のファスティングをサポートしてきた田中 裕規(断食メガネ)が考案しました。

※長時間トイレに行きたくなるはずので、まとまった時間が取れる時に行いましょう。

スッキリ大根

【材料】
・大根 1/3本
・だし昆布 適当(出汁の出やすいものがおすすめ)

~付け合せ~
・ミネラル酵素梅干し 3個(なければ普通の梅干しでもOK)
・酵素ドリンク20ml~30ml(6倍に薄めて、小まめに飲む)
・リンゴ、きゅうり、味噌など(この3つは無くてもOK)

【調理方法】
①大根を短冊切りにする
②鍋に2,000ml程度の水と大根、だし昆布を入れ、大根がやわらかくなるまで(約40分)弱火で煮込む
※茹で汁は使用するので、半分(1,000ml)程度残してください

上記のように、だし昆布で大根を煮込むだけです。
出汁以外に味付けをしないので、かなり薄味になっています。
付け合せで色々な味を楽しんで下さい。
効果を発揮するには、これから紹介する食べ方が重要になります。

スッキリ大根の食べ方

1.ミネラルウォーター300mlを温め、ゆっくり飲む。
 2 .大根の茹で汁300mlに梅干し一つをほぐして入れ、梅湯にしてゆっくり飲む。 
 3 .スッキリ大根を食べる(よく噛むことを意識しましょう)
※味噌で味を変えると美味しくいただけます。麹菌が入った味噌にするとさらに効果が高まります。2~3を3回以上繰り返す。

この間に(10~60分)便意を催すと思いますので、我慢せずにトイレに行きましょう。
正しく腸内洗浄が行われている証拠です。
もし、便意が60~90分ほど起きない場合は、腹部マッサージを行いましょう。
便意が落ち着いてきたら次のステップに進みます。

4 .トイレが落ち着いたら(約1時間経過後)、酵素ドリンク20~30mlを6倍に薄めて小まめに飲みましょう。
ファスティング後のためエネルギーを補う必要があるためです。
酵素ドリンクを忘れてしまうと低血糖になり、冷や汗や動悸、手足の痙攣など様々な不調が起きることがあります。
酵素ドリンクが用意できない場合は、リンゴやきゅうりを摂取すると良いでしょう。

スッキリ大根の注意点

・便意は大体30分~1時間くらい続きます。
終わったと思っても、再度便意を催すこともありますので、なるべく時間にゆとりを持って行ってください。

・大根は所定の量を食べきるようにしてください。
上記の量(約1/3本)で腸内洗浄が行える量だからです。
ただし、気持ち悪くなってきたり、身体に不調が表れた場合は無理せずに中断してください。

・食べている途中でトイレに行った場合、腸内がスッキリした感覚があれば終了しても大丈夫です。
残ったものは、次の食事の具材などに使って下さい。

・3日間のファスティングの場合、便が出ないこともあります。
もし、4日以上のファスティング後にスッキリ大根を食べ、時間が経っても(90分以上)腹部マッサージをしても便意が起きない場合は、水分が腸に吸収されていますので問題ありません。

※大根の茹で汁に対して、梅が少ないと便意が起きない場合があります。
必ず300mlの茹で汁に対し、梅干し一つ以上入れましょう。

・スッキリ大根は回復食の1日目に食べることで効果を発揮します。
1日目の昼もしくは夜に食べる場合は、それまでは酵素ドリンクで過ごすようにしましょう。
その前に食べ物を入れてしまうと、効果が薄まる可能性があります。

・スッキリ大根は作り置きしたものでも大丈夫です

・昆布を控えるようにお医者さんから指導を受けている場合は、かつお出汁などに変更して構いません。

スッキリ大根のあとはこれ!2日目以降におすすめの回復食レシピ

トマトとアボカドの和え物

【材料】
・プチトマト
・アボカド
・醤油麹(ない場合、普通の醤油でOK)
・オリーブオイル
・マグマソルト
・塩
・ゴマ

【調理方法】

①プチトマトのヘタを取って洗い、食べやすい大きさ(半分など)に切る
②アボカドの種を取り、食べやすい大きさに切る
③醤油麹を小さじ2杯、塩ひとつまみ、マグマソルト10振り、オリーブオイル大さじ1杯、すりごま適量を入れる
④味付けのため、全体が混ざるように和える
⑤最後にお好みでごま適量を振りかける

調理が簡単なこのメニュー。
アボカドを使っているため、満足感もある一品です。

もち麦とミックスビーンズのトマトスープ

【材料】
・もち麦 100g
・蒸しミックスビーンズ 2袋
・丸どりだしスープ 1袋(顆粒タイプでも可)
・うらごしトマト 1瓶
・玉ねぎ 2個
・にんじん 1本
・セロリ 1本
・にんにく 1かけ
・セロリ 1本
・バジル 4枚(香り付け用)

ミネラルが豊富なもち麦と豆、食物繊維やタンパク質がバランス良く取れるメニューです。
スッキリ大根で腸内洗浄を行い、その後からは上記おすすめメニューなどで栄養をしっかりと摂っていきましょう。

みなさんが回復食で感じた効果

ここでは回復食をしっかり取り組んだ方の声を紹介していきたいと思います。
みなさん、ファスティングの効果を持続できたり、思わぬ生活の変化があったようです。
※個人の感想であり、効果を示すものではありません。

「7日間断食後、回復食を続けたら、さらに効果が続いてます!回復食って大切ですね。」

「その後、回復食を慎重にして、回復食5日目まで主食(糖質)ナシ、肉、魚、スイーツなし(スイーツは5日目に一口だけ食べました)にしたところ、生理前もあるのか、0.5キロくらい増えてますが、大きくリバウンドしてないです。さらに減りはしませんでしたが、やはり、以前は回復食にお粥を食べてたので、あっという間に戻っていたのだな、と思います。」

「ファスティングを終えて、回復食で体にいいものを考えて料理するのが楽しくなりました!あと、必ず添加物が入ってないか成分表も確認するようになりました!新たな発見ができて本当に良かったです。」

まとめ

ファスティングの仕上げとして大切な回復食。
「糖質の多い食事は避け、栄養価の高い食材を摂る」というのがポイントです。
これらを意識してしっかり取り組めば、3日間という短期間で問題有りません。
これでファスティングは終了です。
なんだか身体が軽くなったような気がしませんか?
しかし、ファスティングは持続することも大切です。
今回で終わりにせず、定期的に行って生まれ変わった身体を手に入れて下さい!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は hasino.png です この記事の監修・専門家: 田中 裕規(断食メガネ)先生

記事の関連情報

以下の情報に間違いがないかご確認ください。
なお、以下は必須項目となりますので、全ての項目へのご入力をお願いいたします。

必須

必須

セイ必須

メイ必須

性別必須

生年月日必須

本人区分必須

郵便番号必須

都道府県必須

市区町村必須

番地必須

ビル・建物名・部屋番号

電話番号必須